税理士試験では科目を選択して受験することになります

税理士試験では科目を選択して受験することになります

税理士試験では、9科目ある税法科目の中から3科目を選択して受験することになります。

ただ、すべての科目の学習ボリュームは同じではないため、選択肢によって受験生の学習に要する時間は大きく変わってきます。

税理士試験の中でも学習時間が短い科目に当たるのが住民税です。


国際税務情報がリニューアルしました。

住民税とは、個人と法人に対して都道府県や市区町村が課税する税金です。

社労士の紹介が有名になってきました。

国税である所得税・法人税の地方版と考えると分かりやすいかと思います。



住民税は所得税や法人税の計算を引用しているケースがよく見られます。
税理士試験では、所得税と法人税のいずれかの科目は受験しなければならないことになっています。




そのため、残りの選択科目の中から住民税を選択すれば、学習ボリュームが少ない上、内容も所得税・法人税で習ったものに近いため学習時間を大幅に短縮することが可能になります。

5科目の合格が必要となる税理士試験の受験生は最低でも2年の受験期間が必要になりますが、住民税を効率的に学習するのであれば、1年目に所得税・法人税を学習し2年目に住民税を学習する、又は同時期に学習する必要があるので注意しましょう。

1年目に住民税を学習し2年目に所得税・法人税を学習しても、学習ボリュームはそこまで抑えることができません。



なお、所得税と法人税の学習内容に近いとは言いましたが、基本的には所得税を選択した方が効率的に学習することが可能です。

税理士試験の受験科目は他の受験科目と学習内容がよく似ているということが少なくありません。
住民税を受験するのであれば、所得税又は法人税と一緒に学習し効率的に合格してしまいましょう。


http://gigazine.net/news/20130625-koizumi-mitsuo/
https://ac.cpacos.or.jp/index.php
http://www.kinzei.or.jp/


Copyright (C) 2015 税理士試験では科目を選択して受験することになります All Rights Reserved.