バナー

デジタルサイネージの利用

デジタルサイネージはまず、その名前のとおり、看板、ひいては広告媒体として利用されます。
アナログ的な手法よりも設置時に手間と費用がかかりやすいということはありますが、その代わり、秒単位で表示を切り替えることができるというわけですので、広告枠を柔軟に活用することができます。

さらに、設置した場所に合わせた表示を行うことも可能です。

また、デジタルに関する技術を利用して、センサが備えられているデジタルサイネージでは、目の前に立った人物の属性(性別、年齢層)を推定して、それに合わせた広告表示をすることが可能です。ネットワークにつながっていれば、最新の広告情報を受け取ることもできますから、こういったことに関する利便性はさらに増すことでしょう。

動画を再生することだってできます。

さてそのようにして広告として用いられているデジタルサイネージですが、タッチパネル、センサなどがそなえられるものを利用して、情報の入力・表示媒体としても利用されています。



つまり、大きな画面でデジタル的な案内をするといった役割も担うことができるのです。

デジタルサイネージ情報探しのヒントをお教え致します。

案内の空き時間に本来の用途として広告を表示するということも可能でしょう。
さてそういった利点とは別に、アナログ的な広告・案内と混在する今であるからこそ、デジタルサイネージは目立ちます。

入力に反応するという特性はそれだけで人の興味を引くでしょう。


それだけでも、デジタルサイネージの利用が役立つ可能性はあります。

ジョルダンニュース!に関する情報が幅広く集まります。